2010年03月10日

角を矯めて牛を殺す

http://yama-ben.cocolog-nifty.com/ooinikataru/2010/03/post-b89f.html
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1003/09/news103.html

 漫画家・中村哲也として規制には反対の立場を表します。
 法治国家とは法そのものによって治められる筈で、「我々は十分に賢い。賢い我々が作り運用するこの(条文に含まれていない)約束事に誤りは無い」という認識は間違っているのです。必要なのは、賢くない人間が運用しても社会が正常に動作する法なのです。

 漫画という産業としては、漫画をいっぱい買ってくれる人がいるのも勿論いいけれど、漫画をいっぱい描く人がいる方が長い目で見れば幸せだと思うのです。もちろんそこには、様々な表現とテーマがあっていい。あるべきで。
 もし漫画家みんながみんな同じようにお上品な、内面の吐露も世界との衝突も何もない平和な楽園みたいな漫画しか描かないとしたら、ほんとうにそれは良い事でしょうか。それを希求されている皆さんが今回のような規制を考え出したのかも知れないけれど、私にはそれは耐え難い牢獄でしかないのです。
posted by 哲 at 14:05| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
こんにちは私も規制反対ですよ何が何でも規制してやろう素人の私からも絵を描く趣味を奪うとはいい加減にしてほしいですね
Posted by at 2010年04月04日 08:28
全く何時まで経っても阿呆臭い話です。
規制より教育でしょうよ先ずは。
兵器の話であれば「それが人を殺せると云う事が解っているのかどうか?その規模がナイフであろうと核兵器であろうと変わらない」ですし、
漫画アニメゲームにやいのやいの言う人間に対して言えば「バイオハザードで人が殺せるなら100万人が殺人者だ」という事です。
まるで見せないで育った場合とか考えるだに恐ろしい…
変な話ですが中学生の時分に無修正のビデオを見た同級生の話だと「飯喰いながら見る事の出来るモンじゃないな、肉が食えなくなる」とぼやいてました。
それが異常な物だと気付くかどうかは教育でしょう、駄目だと言われていて目の当たりにすればおかしいとも思える、異常だと認識出来なければ当然として受け入れるだけでしょう。
規制も良いけど「何がいけないのか?」を明確にしない方向で進んでどうなっても知らんよ、と言う所ですよ、ええ。
Posted by at 2010年05月02日 09:48
初めまして。
ご存知かとも思いますが、「東京都健全育成条例改正を考える会」代表の山口貴士弁護士が条例改正に反対する署名を、ご自身のblogで募られています。

http//yama-ben.cocolog-nifty.com/

署名用紙はダウンロードしてプリントアウトしたものを使い、郵送します。(コメントによると)コンビにでもプリントアウトできるようです。
都議会は6月から始まるらしいのですが、始まっても暫くは反対署名の受付を続けられるようです。
Posted by at 2010年05月29日 15:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36199205

この記事へのトラックバック