2019年10月07日

遠足で、満足。

 駆け足ミュンヘン・オクトーバーフェストの旅。
DSC01678.jpg
 
 泊まった町はミュンヘンの北、空港からほど近い古都フライジンク。
DSC01478.jpg
 静かで落ち着いたところかな……と思わせてここにはまた現存する最古の醸造所ヴァイエンシュテファンがあり、かつての修道院も現在はミュンヘン工科大学の醸造学科キャンパスとなっています。
DSC01531.jpg
 だから意外と住人は若く、国籍も多様な感じ。
 そんな大学の真ん中に巨大なビール工場があり、すごく居心地のいい酒場があったりします。
DSC01521.jpg
 昼からガッツリ飲んでる学生さん達もいてそれはどうなの……でも飲むよね。
IMG_4480 (1).jpg
 さすがに新鮮なためか、柔らかなヴァイツェンでありながらキリッとした飲み口。すごいですよ。

 泊まったホテルは少し駅からは遠くそのぶん静かで、カタコト英語にも根気よく対応してくれるよいところでした。宿の名のとおり朝に晩に修道院から鐘の音が鳴り響くのもまたいい。
DSC01628.jpg
 フライジンクじたい、とてもいい町だったのでもう少し滞在したかった気分。

 ここからミュンヘンまで行く場合は一日乗車券を買うと、ミュンヘンまでの往復とか市内のバス、路面電車、地下鉄も乗り放題なのでお得です。
DSC01381.jpg
 そしてもちろんオクトーバーフェストも堪能してきました。
DSC01702.jpg
 どっちを向いてもディアンドル。老いも若きもディアンドル。大変なところに来てしまった。

 最終日は夜の便に乗るので時間に余裕があり、郊外のエルディンクまで足を伸ばします。名物のビールは日本でもお馴染みのエルディンガー・ヴァイスブロイ。
DSC01683.jpg
 こちらも立派な店構え。上はホテルかな。
IMG_4523 (1).jpg
 蔵出しだからこそのおいしさ。最高でありました。
 フライジンクとエルディンクはともにミュンヘンの北側、空港を挟んで東西にある町で、本数は少ないけどバスがあるのでそれに乗れたらミュンヘンを経由するより速いのねー……と後から気付きました。今度はそうしよう。つまりまた行くぞ。
 というわけで取材だか観光だか分からないミュンヘンの旅でした。
posted by 哲 at 00:32| Comment(2) | TrackBack(0) | ドイツ話
この記事へのコメント
ドイツに住んじゃえばいいのに(ちょっと絵が上手な子へ漫画家になれと気安く言う親戚のように)!
Posted by 速水螺旋人 at 2019年10月07日 04:15
ロシアにあるいはモンゴルに!
自転車持ち込んでひと月くらい住みたいねーと、かれこれ10年くらいぼんやり考えてます。
Posted by 中村哲也 at 2019年10月07日 16:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186653918

この記事へのトラックバック