2019年07月27日

鰻の真似とて蒲焼を焼かば、即ち鰻なり

 
 自然状態でのウナギの絶滅が確認された、来るべき近未来──。

 ウナギはあくまでも自然に捕れるよう生態系の回復を図るべきというウナギ理想主義者。
 いや、完全養殖によって蘇らせるべき産業だと主張するウナギ技術主義者。
 そこから分かれ、クローニングによる培養ウナギ細胞群こそが真のウナギと主張するウナギ過激派。
 そうではない、ウナギは我々人類の手により新たに創造されるのだというウナギ創造論者。
 さらにはウナギを求める我々の心のなかにこそウナギは存在し、のみならずウナギがいない状態もまたウナギなのだと主張する大乗ウナギ教徒。
 等々が血で血を洗う抗争を繰り広げるハートフル近未来SFグルメ漫画。
posted by 哲 at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186333909

この記事へのトラックバック