2018年10月21日

こけないうちに写しておこう。

 夏前にやらかしたトラブルのあと、よくよく調べたらフレームそのものに狂いが出ていたので廃車かーということになり、じゃあ物は試しにと選んでみたのがワンバイエスのJFF#501というフレームです。
 今回はわがままにもフレームだけを銀座のveloStyleTICKETさんで購入。ありがとうございました。わあ紹介されてる。

 このフレームが鉄製ながら、540サイズで1800g弱となかなか軽く、シンプロンからロゴの目立つフロントフォークと各部材を載せ替えて若干の軽量パーツを盛り込んだところ、ペダル無しで7.5kgといい感じに仕上がりました。
 ここから先は、あと100g削ろうとか考えるたびにドバッとお金が出てくのでもう考えたくない。完成! 完成です!!

DSC00364.png

 さて乗ってみると、むしろシンプロンの時よりも疲れずに巡航できる感じ。あまり細かいことはわかりませんが、無理せず効率的な姿勢を取れてるのでしょうか。操作性もよく、向かい風でも気持ちよく走れるフレームです。
 それにしても、以前のシンプロンはアルミゆえキビキビとした硬い乗り心地でそのぶん長時間ライドには向かなかったのですが、フレームを変えたらゆったり快適なツーリング車になってしまいました。レース志向では無いので結果的にはこれでよし。

 また本体色や胴抜きの色指定・ロゴの選択でけっこうバリエーション豊かに楽しめます。このメタリックレッドの深みが実にいいのです。jpegが苦手なやつだ。
 あとはやっぱりシートピンまわりの造形の色気に惚れました。素敵。
DSC00367.png

 おすすめです。
posted by 哲 at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184732516

この記事へのトラックバック