2015年04月22日

サイン会のおもいで

DSC01351.JPG

 えーかれこれ連載終了から干支が一回りするほど過ぎたところで突然のサイン会。グランプリ京都に盛り上がるなか並んで下さいましたみなさん、有り難うございました。
 今回は『お金を頂く』という事があり、何にも増してきちっと描かねば! と思うあまりか案の定一枚々々にえらく時間がかかってしまいまして、お待たせしたりお断りしたりお預かりしたりでその辺りとても申し訳ありませんでした。
 自分の記憶でもやはり、目の前で人が絵を描きあげていくのを眺めるのはそれなりの娯楽性があるものですから、それ無しに色紙お預かりになってしまったところは多いに反省しないといけません。クオリティはどうにか出せたと思いたいのですが、手際については(もし)次回(があればそのとき)に持ち越す宿題となりそうです。
 プレイマットに描くのはけっこう大変ですが面白い体験でした。尻を浮かせていたら翌日の筋肉痛が酷かったし。

 やはりと言うか何と言うか、描いてとリクエスト頂いたのは殆どが『刃』のキャラクターでした。
 連載当時を思い返すと右も左も分からないところから始めたばかりで、いただいた大役に覚悟や手技が追いつかず、6年間最後まで描いたあとも素直に振り返れないまま、しばらく経ってみたら版権だの取り扱いだのがいろいろ不思議な事になっていて今度はなんか喋っていいのかいけないのか分からなくなってしまい、あまり喋らないままに12年経ってしまいました。
 今になってみると、拙いところはもう山のようにあるのだけれど、間違った事はしていないような気がして、そこは、昔の自分を少し誇らしく思います。
 でもまさか昔の自分も、12年後にサイン会をして、憶えていてくれた人が並んでくれて喜んでくれる、なんて考えてもいなかったろうなあ。
 これからも、とにかく目の前にある今の仕事にきちんと向きあっていきたいと思います。
posted by 哲 at 22:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
こんばんは
先日のGP京都にでイザベラ姉さんをリクエストさせて頂いた者です
素敵なイラストを本当にありがとうございました!

最初に刃を読んだのは小学生の時分でしたが、
まさか13年後にこうした機会にめぐり合えるとは思ってもおりませんでした...
これからも先生の作品が読める事を楽しみにしてまいります!
Posted by やさか at 2015年04月30日 20:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/122275487

この記事へのトラックバック