2020年05月17日

陰り

 すべては移り変わっていくものだ。

 疑いなく、自分はそう信じているけれども、この北向きの窓から見えていた空は、近いうちに建つ隣のマンションに遮られて見えなくなる。

スクリーンショット 2020-05-14 12.53.13.png

 長らく、隣家の屋根が目の前にあった。
 その屋根を白く染める雪。
 嵐の訪れを告げる、叩きつける雨音。
 開けた窓から聴こえてくる蝉の声。
 近所で火事があった日、起きたら目の前にいた消防士。

 そうしたものと別れを告げる日がやってくる。
 続き
posted by 哲 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年05月14日

日常

 当家と目と鼻の先にあるスーパーマーケットはこのご時世でもあるていど遅くまで営業しているので、人混みを避けて平日の夜遅くに行きますと、肉や卵なんかはいいところが軒並み売り切れだったりするのでいかんなあと思っていたところ、昼間の散歩の途中に良さそうな肉屋さんを見つけたので立ち寄って鶏胸肉とコロッケを買いました。
 惣菜や卵なんかもあって品揃えもよく、それが売り切れてもいないのでこれはいい。また来よう。
 
 流行り病の気配が変えてしまった日々の中で、新しい日常が築かれていく。

 届いたマスクはさっそく養護施設への配分を手がけているところにお送りしました。
 おじさん顔でかいからね。
posted by 哲 at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年05月12日

今月チャレンジ

 そろそろコミックスタジオからの乗り換えどきよな……と今月はClip Studio Paintをいじることにしたのですが、結局のところまずコミスタと同じ作業感覚にしたいというところが大前提だったりするので、コミスタ作法よりもきっと簡潔な手順があるのだろうなと感じつつもエミュレーター的なアクションを構築したりしなくてはならず、若干ストレスが溜まります。
 もうちょっと馴れてきたら仕事の原稿でも移行できるかな……今月はネームやらくがき程度でがんばるぞ。

スクリーンショット 2020-05-12 19.35.18.png
posted by 哲 at 19:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 絵つき