2020年07月28日

クリップスタジオその後

スクリーンショット 2020-07-28 11.12.36.png
 夏だ。夏ですね。
 クリップスタジオは操作性をどうにか整えて、まあ線画だけならなんとか……という感じにはなってきたので、引き続きがんばっていきましょうね。
 次は枠線あたりをがんばりたい。

 Mac miniを新調してMac miniにしました。
 まず内蔵HDD1テラバイトの中身を内蔵SSD500ギガバイトに放り込む作業がなかなか厄介だった。液晶タブレットへの接続はケーブル1本になる一方、外付けドライブ用にはUSB Type-Cケーブルが新たに何本か必要になる。
 しかしてCPUパワーも上がり、メモリも2倍になって、5年くらいは働いてくれると嬉しい。近々出てくるというApple製チップMacがどうなのかまだどうにも分からないしなー、という気分で今買い替えた。
 あっPhotoshopCS4が使えないッ Painter2016がッ もちろんComicStudioもッ
 そりゃそうスな。

追加:
スクリーンショット 2020-07-28 12.34.20.png

 『ヤギと羊の王冠』のために映画を……じゃなくて戯曲で『ロミオとジュリエット』の復習をしています。えらいとこで名前がかぶってしもうた。
posted by 哲 at 03:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵つき

2020年06月10日

『ビールの魔術師』

ビール醸造を極めた男の数奇な人生を描いたドイツのミステリー小説『ビールの魔術師』(原題:Der Bierzauberer)を翻訳出版したい!

 というクラウドファンディングに参加しています。
 舞台は13世紀! その時代までに連綿と積み上げられた知識と技術、そしてそこから萌芽する当時最先端のテクノロジー!! きっと面白い。じつはミステリーってほとんど読んでこなかったけど読みたい。シリーズ続編も面白そうなので出てくれないかなー、という希望も込めて見つめつつ。

 王冠シリーズもいつかは別時代編とかあるの?(なにも考えていません)
 ・時は19世紀末。屋根裏で醸造所を起こした初代のお話(なにも考えていません)
 ・時は20世紀末。ベルリンの壁崩壊前のヨハン親方とナディアさんのお話(なにも考えていません)
 ・時は未来、所は宇宙、平面航法宇宙船を舞台に『ネズミと竜の王冠』(ぱくりはよくない)

 というわけでみんなも支援しよう。して下さい。
posted by 哲 at 15:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2020年06月03日

ゲームはセガ。

 やったぁーシルヴァンテイルが入ってるじゃん! ブルー買おう。



 主人公から背景にタイトルにUIまで、いろいろドットを打ちました。俺の青春……。
posted by 哲 at 18:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2020年05月17日

陰り

 すべては移り変わっていくものだ。

 疑いなく、自分はそう信じているけれども、この北向きの窓から見えていた空は、近いうちに建つ隣のマンションに遮られて見えなくなる。

スクリーンショット 2020-05-14 12.53.13.png

 長らく、隣家の屋根が目の前にあった。
 その屋根を白く染める雪。
 嵐の訪れを告げる、叩きつける雨音。
 開けた窓から聴こえてくる蝉の声。
 近所で火事があった日、起きたら目の前にいた消防士。

 そうしたものと別れを告げる日がやってくる。
 続き
posted by 哲 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年05月14日

日常

 当家と目と鼻の先にあるスーパーマーケットはこのご時世でもあるていど遅くまで営業しているので、人混みを避けて平日の夜遅くに行きますと、肉や卵なんかはいいところが軒並み売り切れだったりするのでいかんなあと思っていたところ、昼間の散歩の途中に良さそうな肉屋さんを見つけたので立ち寄って鶏胸肉とコロッケを買いました。
 惣菜や卵なんかもあって品揃えもよく、それが売り切れてもいないのでこれはいい。また来よう。
 
 流行り病の気配が変えてしまった日々の中で、新しい日常が築かれていく。

 届いたマスクはさっそく養護施設への配分を手がけているところにお送りしました。
 おじさん顔でかいからね。
posted by 哲 at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年05月12日

今月チャレンジ

 そろそろコミックスタジオからの乗り換えどきよな……と今月はClip Studio Paintをいじることにしたのですが、結局のところまずコミスタと同じ作業感覚にしたいというところが大前提だったりするので、コミスタ作法よりもきっと簡潔な手順があるのだろうなと感じつつもエミュレーター的なアクションを構築したりしなくてはならず、若干ストレスが溜まります。
 もうちょっと馴れてきたら仕事の原稿でも移行できるかな……今月はネームやらくがき程度でがんばるぞ。

スクリーンショット 2020-05-12 19.35.18.png
posted by 哲 at 19:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 絵つき

2020年04月28日

ドゥンドゥ

2020042612015600-02CB906EA538A35643C1E1484C4B947D.jpg

 いろんな民族衣装が入ってるからもしかするとディアンドルやレーダーホーゼも公式に入ってんじゃないかなーと感じつつまだ見てません。だから作った。
 で、着てみるとけっこういい感じなんで満足しました。帯が独立パーツじゃないけどまあそこはご愛嬌。
 胸もとの色は上段右から2番目の肌色に合わせてます。それぞれにあわせてご活用下さい。
タグ:ドイツ FUN
posted by 哲 at 01:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2020年04月12日

パンを焼く

 先月の末に思いがけずケガをしてしまい、地球デビュー以来初めて歯医者以外の通院をする羽目になったので、今年は毎月なにか一つ、新しいことをしていけたらと願う年度の始まりです。ケガは大したことない奴です。
 ということで今月はパンを焼きます。
 何故かというとこれは仕事の参考資料としてライ麦を買うつもりがライ麦『粉』を買ってしまったためであり、昨今の情勢に鑑みて様々な食材や調理法に親しむのがよろしかろうと感じたためであります。ほんとか。
 レシピも薄力粉と酵母と水を加え混ぜるだけの簡単な───

IMG_46561.jpg

 …………
 硬い! 密度が高い!!

 もともと出来上がるパンが硬めになるのは分かってましたが、それにしても発酵が足りなかった。味はいいけど投げつけられでもしたらよけいなケガをして通院が長引くレベルです。やれやれ。
 しかしちゃんと食べきったので次はもうちょっと頑張りましょう。焼いたあとにオーブンレンジをよく見たら「発酵」モードがありましたし。
posted by 哲 at 20:09| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2020年04月07日

教会

DSC00739.JPG
 
 ドイツに行ったときの事。
 教会のすみの席に座って、キリスト教者の真似事のようにうつむき、手を組んで、それなりに家族の健康や自分の仕事について願っているうちに、願うという行為から、それを何故願っているのかと考え込むことが何度かあった。
 自分は日本にいても、あまり神社仏閣の内に入ったり、そこで考え込んだりといった事はしない性質だ。
 だのにドイツでは、教会という建物がよそ者の異教徒にも不信心者にも開放されていると言うこともあるけれど、その中に入り、席に着いて落ち着くことが出来る。
 話す相手もいないし、邪魔をするよけいな刺激もない。だからそうして考える時間があると、願っていた事を反芻することができる。
 
 この願いは本当に、自分が追い求めるべきものなのだろうか。
 その願いを叶えるための行動を自分は積み重ねているだろうか。
 ただ心の中で誰かを思うだけでなく、きちんと気持ちを伝えているだろうか。
 愛情をあらわしているだろうか。
 傷つけてはいないだろうか。
 心配をかけてはいないだろうか。
 
 そうした事を一つひとつ考える時間がある。 
 そうした時間が、とても貴重なものに思える
タグ:写真 ドイツ
posted by 哲 at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ話

2020年04月05日

指馴らし

スクリーンショット 2020-04-05 20.31.51.png

 Mac miniが少々おむずかりのなか、仕事を続けるのです。
 毎度々々下書きばかりやっているたびにペン入れの仕方がぼやけてくるので、ちょっとペン画っぽいものを描いてから仕事に入るわけです。この辺はデジタルでも変わらないですね。
 さてがんばろう。
タグ:
posted by 哲 at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵つき